今日のタイ嫁ご飯はぁ~?!これ!!本日の逸品をご紹介しますよ。

今日の我が家のタイ嫁ご飯はこちらです。

タイの家庭料理では、おかずの点数が多いのが特徴ですね。でもですね~。こちらの料理は牛肉も豚肉も鶏肉さえも使っている料理はありません。どうです。ヘルシーでしょう。僕自身も腸が弱い方なんですが、タイ嫁の料理を食べるようになってから、腸の調子もいいんですよ。ほんとに。

『えっ?!味気ないって???』
『これが不思議とコクがあるというか。食べてもらわないとなかなか伝わりませんね。』
『皆さんも僕らがペッチャブーンに移住したら、ぜいとも、食べに来てくださいね。』

11772

それでは、一品!逸品!紹介していきましょうか。 

まずは、こちらヨッマラーファイデーン【野菜炒め】です。
11774

これは、僕が大好物な野菜炒めです。何と言っても、ニンニクと唐辛子の奏でるハーモニーが最高な逸品です。

次に登場するのは、こちら!やっぱりタイ飯の王道でしょうね。
ソムタムプーパラー【青いパパイヤのサラダ】 
11773

プラーラー【??????】とは塩・米糠・魚を醗酵させた調味料で、こちらはペッチャブーン産。醗酵しているためなかなかの臭いがしますが、これがないと旨いソムタムはできません。青唐辛子とのマッチングが辛さもさることながら、タイ人的に『うまみ~~~』がでません。

タイ嫁の作るソムタムプラーは、絶品旨い。

Takeshi Kawashimaさん(@phoophiang)が投稿した写真 –

こちらのスープは、カレーの一種になりますが、ゲーンテーポー。甘さと辛さのバランスが絶妙です。
11778

こちらは、ナンピッットパラーですが、こちらは野菜につけて食べますが、こちらも旨く作れる人と作れない人がいますね~。中に入っているトマトは、ペッチャブーンの家の庭で取れたものです。
11776

11777

こちらのご飯は、ペッチャブーンでお父さんが土地を貸す代わりに分け前をもらっているお米です。採れたてのお米はやっぱり旨いですね。
11775

野菜なんかもスーパーで買うのではなく、自分たちでペッチャブーンの肥沃な土地でオーガニックで作ったものを食べれるようになったら幸せでしょうね~。 

自給自足に向けた歩みを今日も続けています。 

The following two tabs change content below.
タイの地で足るを知る 川島
五十の手習い!タイの地で足るを知る~崖っぷちの人生を豊かにする法則ブログ~を運営しています。タイで人生の最終章をスタートさせました。半農半Xを18歳年下のタイ嫁と目指して日々奮闘しています。自給自足、農業、田舎暮らし、タイのことなど、気になる記事がありましたらシェアしてもらえたら嬉しいです♫
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
Translate »